2011-12-13-blog

モテるFacebookページになろう! 担当者が押さえるべき2つのポイントと実践方法!

| 0件のコメント

Pocket
LINEで送る

 

 

こんにちは!「ソシャマノート」、運営・企画担当のこのみです♪

このごろはいろんな企業がFacebookページを開設して、
キャンペーンやアプリを使ったプロモーション活動をしているネ。

でも、単発的なものばかりで、長期での運用で成功していることろはまだまだ一握り。
それはページでどんな投稿をすれば「いいね」されやすいか、まだわかっていないからだなと感じるこのごろ。

このみもいつもとっても悩んでる(*’3′)ムムゥ

そこで今回はどんなページ、どんな投稿が「いいね」「シェア」さるか、まとめてみたよー♪

ここの記事で紹介する内容は次の2つ。

  • その1  発信元への信頼・共感を得よ!
  • その2  100万人より100人に愛されることを目指す

この2つについて、考え方や実践方法を書いているよ。ぜひ参考にしてね。

それではさっそくはじめますー(*’u’)b

その1 発信元への信頼・共感を得よ!

ページの投稿内容の前に、まずは投稿の発信元である企業・人物への信頼や共感が大前提。
誰もが自分のFacebookのフィードを汚すようなことはしたくない。

あなたもきっと「どうも信用できないな」という人を好きにはならないし、
その人からの情報をアドバイスとして仲の良い友人に話したりはしないでしょう??

でも、好きな人や信頼・尊敬する人とは仲良くなりたい。
その人の話やオススメしたものは友人にも積極的に伝えるよね。

この、信頼・共感の土台がしっかりしていると拡散力がうんと高くなるわけなのだ↑↑

どうすれば自分(発信元)への信頼・共感を得られる??

(1)良い商品を提供する。

いつも提供している製品・サービスのクオリティーが低かったら友達には勧められない。下手をしたら悪いうわさが広がってしまうよー。

(2)「良きこと」の発信

商品力で勝負するのは中々厳しいな。。。という場合は、コンテンツに社会的貢献活動を取り入れる。
みんな「良きこと」「世の中をHappyにすること」(をしている自分・応援している自分)が好き。
社会的な貢献活動をアピールすることで発信元への共感を手に入れることができると思うよ!
(ちょっと打算的??)

(3)人々が共感できる、企業の想いやストーリーをアピール。

例えば、友人に恋のアドバイスをされたとする。
「絶対に告白した方がいい。」ってただ言われるよりも、
「自分は告白できなくて、後でとっても後悔したんだ…。だから絶対告白した方がいい」とエピソード付きで、
しかも悲しげに言われたら、だいぶ納得度が変わるよね。

企業が製品やサービスを世に送り出すまでには、きっといろんな想いやドラマがある。
そのエピソードを伝えることで、共感や信頼をえることができる。

(4)役に立つ情報を毎回発信する。

当たり前の話だゎ、でも中々むずかしぃの(>_<)
やっぱり役に立つ情報が発信されつづけたら、発信元への信頼感は自然とわいてくるよね。

その2 100万人より100人に愛されることを目指そう

ファンを大勢集めればいいってもんじゃないよーってことだよ↑↑

長い時間をかけて愛されることを考える。

単発的なキャンペーンは、いいね数は稼げるかもしれないけど
そのあと継続的にページを見てくれているかどうかについては何ともいえないよね。。。

クーポンや懸賞をするだけじゃなくて
一度ファンになってくれた人たちとながーくお付き合いすることを意識しなくちゃ。

本当の応援者をつくる。

1人応援者ができれば、その1人から100人にFacebookを通して口コミがひろがり、
そしてさらに100人へひろまっていく。
自分のページを積極的に、ポジティブに広めてくれる、本当の応援者をつくろう。

「企業」ではなく「人」として発信する。

いかにもな宣伝や、プレスリリースみたいな堅苦しい発信よりも、人間味のある言葉をつかうこと!

Facebookはみんなもともと友達とつながる場所。
そんなところに、ちょーセールストークしてくる営業マンがきたらイヤだもん。

あくまで「人」としてふるまうことが必要だね。

愛されるためにどんな投稿をすればいい?

(1)ユーモアをおりまぜる

みんなユーモアが大好き!たまにはクスっと笑える投稿を。
キャラクターのいるページだと、漫画やイラストの投稿の方が人気だったりする!

ソシャマノートも一生懸命つくった記事より、
このみの漫画の方が人気だったりした…ふくざつ(’u’*)(でもうれしぃ)

ちゃんとコンテンツを投稿してるのに、うまくいってなかったらそのページは退屈ってことだね・・・。

(2)ストーリーは動画・写真で紹介

製品やサービスの裏側にあるアツイ想いと、数々のストーリー。
これを100の言葉で説明するより、1枚の写真、1本の動画の方が何倍も心をうごかされる。

より魅力的にするために、動画や写真をつかいましょー。

(3)投稿は主観的なコメントで。

ただ情報を流すだけでは弱いの。企業としてどこまでできるかは、考えなくちゃいけないけど、
かならず一言、自分の意見をそえると見てもらいやすくなるょ(’-’*)b

(4)端的にわかりやすく

長々とかくよりも、短い言葉におさめること。
そして、「易しい」言葉を使う事。

ぱっとみて理解できないものは読まれにくいし、堅苦しい言葉は親しみがわきにくいからね。

「最長でも5行以内におさめる」という記事をよんだことがあるけれど、
最近このみは5行でも長いと思う。二言三言で、3行には納めるよう心がけてる。

——————————————-

以上だよー、最後まで読んでくれてありがとう!(’u’*)

えらそうに書いたけど、このみもまだまだ修行中の身…
でもこのみが失敗したことやうまくいったことを、みなさんにも活かしてもらいたい!

今後もどんな投稿がモテるか、ひきつづき勉強・調査していくよー↑↑

Facebookページ「ソシャマノート」
こちらも要チェック!o(‘u´*)b

Comments

comments

作成者: このみ

㈱マイネット デザイン業務の傍らソシャマノートブログとそのFacebookページを運営。楽しくワクワクするような事を追いかけたい!

コメントを残す

必須欄は * がついています



*

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

3DCG、Spine制作ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!