同様の広告を作成

初めての人必見!Facebook広告の基本

| 0件のコメント

Pocket
LINEで送る

こんにちは。
Facebook運用担当のゆーみんです。

Facebookページを運用しはじめると、必ず広告出稿を考えますよね。
Facebook広告は、タイトル・本文・画像やターゲットの変更やコスト設定が簡単にでき、また1日100円という低予算での出稿も可能です。
新規で潜在的なユーザを発掘する方法として、ぜひ試してみてほしいところ。

では、実際に運用してみてどうなの?!というところを、広告クリエイティブのチェックとコスト設定についてご紹介したいと思います。
Facebook広告には「Facebook広告」と「スポンサー記事」の2種類がありますが、
今回は「Facebook広告」についてです。

「クリック率」と「つながり」をチェック!

Facebook広告はタイトル・本文・画像を変えたいくつかのクリエイティブを試して、スプリットテストをすることが大事です。
一度広告を作成すると、「同様の広告を作成する」というボタンがあり、すでにある広告の引用も可能ですので、ちょっとした変更をするときには便利です。
同様の広告を作成

広告をチェックする際、指標となるのは「クリック率」と「つながり」です。
つながりとクリック

クリック率で広告の質をチェック

クリック率(CTR)は、どのくらいクリックされたかの確率。
だいたい0.050%くらいを目安に、0.050%より低かったら修正するようにしています。

CTRが下がった=クリックされる数が少ない

ということなので、CTRは「広告のクリエイティブ」が適切かどうかを計る指標となります。

つながりでチェック

Facebook広告のいちばんの目標はやはり新規の「いいね!」を集めることが多いですよね。
そのため、どんなにクリックされても「いいね!」につながらなければ意味がありません。
その際「つながり」の数を指標とします。
だいたい、クリックからつながりへの転換率(つながり数/クリック数)は50~60%を指標としています。

つながり率が低い=広告はクリックされたのにいいね!されない

ということなので、広告内容と広告のリンク先(ウォール、ウェルカムページ)の内容がマッチしていないと考えられます。

Facebookページの内容と広告内容が合っているかどうかを計る指標となります。

予算に合わせて広告運用

Facebook広告のよいところは、やはり低予算で広告が出稿できること。

たとえば、短期期間でたくさんの「いいね!」を集めたいときは広告予算を高くする。
CPC(クリック単価)の価格も高めに設定し、また予算の上限を「期間中でいくら」と設定します。
やはりクリック単価は高めに設定したほうが、表示回数が上がるためクリック数も増やすことができます(ただし、クリエイティブが適切であることが前提ですが・・・)

では、できるだけ予算を抑えたいときは・・・?

1.予算設定を「1日の上限設定」にする

1日の予算上限が低いので数は稼げませんが、CPCを抑えることができます。

たとえば、1カ月の上限金額を30,000円に設定していた広告はCPC80円程度でしたが
1日の上限金額を500円に設定しなおしたところ、CPC46円まで抑えられました。

ただし、1日のクリック数は10程度が上限になってしまうため、
長期的にいいね!の数をのばしたいときに利用するのがおすすめです。

2.ターゲットをできるだけ狭くする

ターゲットは広ければ広いほど、やはりクリック単価は高くなるもの。
できるだけ「趣味・関心」などで絞り込んだほうが単価を下げられます。

たとえば、趣味・関心を「#Facebook」だけにして「Facebookに関連する記事や投稿にアクションしている人」をターゲットとした場合、
表示可能人数は130万人程度ですが、推奨入札価格は37~81円です。
推奨入札価格(高い)
こちらを、趣味・関心が「ファッション・美容」に変更した場合、
表示可能数は40万人程度になりますが、推奨入札価格は31~71円と少なくすることができます。
推奨入札価格

さいごに

では、広告ってどうやって出すの?
については、他のブログでとてもわかりやすく解説されているので、ご紹介します。

広告出稿のしかたについては、ソーシャルリクルーティングの世界さんのブログに非常にわかりやすく基本的なことが書いてありますので
こちらを参考にしてください。
Facebook広告って何?どうやって出稿するの?FB広告の基本と掲載方法【初めてのFacebook採用ガイド】

実際に広告を出すときの基本的なポイントや役立つリンク集はソーシャルメディマーケティングラボさんのブログがとてもわかりやすく参考になります。
小さな違いが大きな差!Facebook広告運用の実際と参考リンクまとめ

Facebook広告は、違うパターンのものをいくつか出稿しておくと、自動的に質の高いものを優先的に表示してくれます。
また、予算・内容・ターゲットもいつでも自由に変更できるので、いろいろと試してみて予算に合った効率のいい広告運用を行ってみてくださいね。

Comments

comments

作成者: ヤザワ ユミコ

(株)マイネット・ジャパン マーケティングコンサルタント。最近はソシャマ企画にも携わっています。一応、このみのボス。

コメントを残す

必須欄は * がついています



*

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

3DCG、Spine制作ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!