mejores-depositos-a-15-meses

企業がFacebookページを使う理由は?成功するために改めて考えたい15の活用方法

| 0件のコメント

Pocket
LINEで送る

 

 

こんにちわ、ソシャマノート運営チームの矢澤です。
先日タイムライン化が発表され、Facebookページは「顧客との対話」という本来の姿に軌道修正されました。多くの企業がこの変更に対応する中、ソシャマノートでは改めてFacebookページにはどういった使い道があるのかということを考えてみたいと思います。

先日発表された、Facebookページ運営白書では「企業がFacebookページを使う目的は何か?」という問いに対し、多くの企業が露出増加・ブランディングの浸透と答えていました。

ただ露出増加やブランディングという言葉にまとめてしまうと、どうしても抽象的ですよね。こうした目的にコミットするには一体どういった使い方をすればよいのでしょうか?

15 Ways To Use Facebook Pages for Business
こちらの記事では、企業がFacebookページを作る際にどのような使い方があるのか?そのアイデアをより具体的にまとめています。題して「企業がFacebookページを利用する15の方法」。それぞれのページが持つ目的を意識しながら読んでいくと、新しい施策を思いつくかもしれません。

傾聴対話・顧客との交流

1.コミュニティの形成

Facebookページのウォールは、コミュニティの進行役として利用できます。地域団体や非営利団体のメンバーに、コミュニケーションをとったり情報共有を促すことができます。この場を使ってイベントを企画したり、ミーティングを催したり、タスクを振りあてたりといろいろなことを行えます。

2.カスタマーサービス

Facebookページを何に使うか困っているなら、カスタマーサービスに利用してみるのがよいでしょう。よくある使い方は、誰かがウォールで質問をしたら、誰でも回答を見られるようにしておくことです。もしかしたら不満が書かれることもあるかもしれません。その内容が不当だとしても、絶対に消したりせず、問題を解決するために正当な提案をし、共感を与えるようにしましょう。

3.口コミマーケティング

最も古くから強力なマーケテイングの方法は、口コミです。ソーシャルメディアが普及する前は、口コミを引き起こす方法がほとんどなく、素晴らしい製品やサービスを提供して口コミしてくれる人に頼むしかありませんでした。ソーシャルメディア、とくにFacebookでは、顧客が購入して満足した商品を簡単に拡散できる完璧なプラットフォームが用意されています。顧客とよい関係が築けているならば、恐れることなくシェアボタンを押してもらうように頼みましょう。その簡単な一動作が、強力な拡散ツールとなるのですから。

4.調査・開発

これは顧客を一番巻き込むことができ、顧客自身もあなたのブランドとつながりを持っていると実感できる方法です。
「どんな製品を作ったらいいと思いますか?」や「XYZをどのくらいの頻度で必要としていますか?」といった質問に回答してもらうことで、顧客からの価値ある情報を得られるだけでなく、自社の方向性を決定する手助けとなります。開発途中の製品の写真や動画を投稿し、完成させる前に意見やアドバイスを求めましょう。ただし、誰でもが見る公共の場であることを忘れずに。

5.製品テスト

「4.調査・開発」に似ていますが、さらに製品のフィードバックを求めたり、ファンの方たちにテストパネルとなってもらうこともできます。写真、動画の投稿や具体的な質問をすることで、制作途中の製品に興味を持っている人たちからのたくさんのフィードバックを得ることができます。
そのほかの利点としては、発表前にファンの人たちに口コミしてもらえるかもしれません。もっとダイレクトに参加してもらいたいと思ったら、何人かのFacebookファンの方々に製品のプロトタイプを送り、ページ内でフィードバックを投稿してもらえるように頼むとよいでしょう。

情報の発信

6.営業時間をお知らせする

とても基本的なことですが、Facebookページ内の「基本データ」タブに「営業時間」を掲載しましょう。もちろん、更新したことをウォールに投稿することも大切です。例えば、緊急のアポイントで席をはずさなければいけない場合、Facebookのウォールにその旨記載しておきましょう。小さな会社のオーナーの方にはとても有効な方法です。

7.プレスリリース

多くの人に知らせたいとっておきのニュースがあるときは、プレスリリースを掲載するのがいいでしょう。多くの企業で、プレスリリースにFacebookのリンクを貼ることが有効だと気付き始めています。リンクを貼ることで、顧客があなたの会社とつながっていると認識でき、信用できる方法なのです。また、プレスリリースを作成したら、Facebookでシェアしてより露出を増やすことを忘れずにしましょう。

8.製品・サービスのカタログ

企業のFacebookページは、さまざまな方法でカスタマイズすることができ、製品やサービスの販売サイトを拡張することができます。ショーケースや製品を直接販売するのに利用しても、露出を増やす邪魔にはなりません。Facebookにはカスタムページタブを作成するさまざまなアプリがあります。
法人向けのサービスを提供している会社であれば、「利用者の声」のような顧客からのよい評価や事業ポートフォリオを掲載するのもよいでしょう。

9.会社からのお知らせ

プレスリリースと似ていますが、自社の前向きな変更点や発表をするのに利用できます。顧客に利益のある地元企業との協業などは共感されやすい内容です。会社で参加しているイベントや、これから参加しようとしているコミュニティイベントをシェアするのもよいでしょう。

コミュニティの交流促進

10.特設イベントの参加者募集・調整

「9.会社からのお知らせ」をよく利用しているならば、特設イベントを告知し、調整に利用するとよいでしょう。現在の「イベント」タブでは、時間・場所・イベントの詳細、
駐車場などの必要な情報を簡単にシェアするのに役立ちます。ソーシャルメディア担当の社員がいれば、イベント中にされた質問を管理したり、イベント中にTwitterを監視しておくこともできます。

11.社員の称賛

Facebookは顧客と関係性を持つために利用されることが多いですが、社員の業績を称えるために使うことも忘れてはいけません。ポジティブなコンテンツが嫌がられることはなかなかないため、特別な行事を祝ったり誕生日の写真などを投稿することもいいでしょう。特別な賞を共有したり、ただ従業員の日を作ってもいいかもしれません。従業員が幸せなことは、会社にとって実り多いことです。

12.社会事業

企業にとって、地元のコミュニティにどう参加しているかを見せることは重要であり、もっとも一般的な方法は社会事業です。社会事業としてFacebookイベントを開催することは、顧客や地元の企業があなたたちの行っていることに参加するもっともよい方法です。こういったタイプのイベントは、プラスな情報をコミュニティ内に拡散させるだけでなく、信頼を築きエンゲージするファンを増やすこともできます。

ユーザーを動かすコンテンツ

13.コンテスト

Facebookでコンテストを実施することは、見られる機会を増やしコミュニティを成長させるのために最もよく知られた方法です。Facebookページかアプリを利用して、好きなだけ簡単にも複雑にもコンテストを創ることができます。
一つ問題となるのは、コミュニティに興味のない人がコンテストにエントリーしてくることです。何百、何千という「いいね!」が集まるのを見られるのはよいことなのですが、時間の経過につれてエンゲージメントが下がり、「いいね!」取り消しが見られるようになります。この事実を忘れないようにし、コンテストを乱用しないようにしましょう。

14.Eメールニュースレター

Eメールは今だに多くの人とコミュニケーションをとるのに有効な方法なので、Eメールリストやニュースレターを導入してリーチの可能性を増やすことができます。ニュースレターは、特設イベントやプレスリリース、社会事業や新製品・新サービス等多くの情報を伝えるのに利用できます。
もしEメールリストを集めたければ、登録フォームを利用するのが大切です。MailChimpなどのソフトウェアを利用すれば、Facebookページに簡単な登録フォームを作ることができます。

15.チェックインクーポン

FacebookはFoursquareとも連動しているし、スマートフォンを利用して「チェックイン」をすることができます。チェックインを促し、あなたのFacebookページにより頻繁に訪れるようにするためには、ページに「チェックインクーポン」をつけるのがよいでしょう。それにより、初めてお店に訪れた人に特典を与えることができるだけでなく、チェックインの回数が上がるにつれて報酬が得られるなどのロイヤリティプログラムを提供することもできます。

 
 
なるほど。ここまで明文化されていると整理しやすいですね。
用途に合わせてこの15のアイディアを組み合わせれば、新しい活用方法ができそうです。

Comments

comments

作成者: ヤザワ ユミコ

(株)マイネット・ジャパン マーケティングコンサルタント。最近はソシャマ企画にも携わっています。一応、このみのボス。

コメントを残す

必須欄は * がついています



*

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

3DCG、Spine制作ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!