肉食系ガツガツ上司

タイプ別:思いのままに上司を操縦する方法(後編)「いやがる上司にソーシャルメディアを始めさせよう」 

| 0件のコメント

Pocket
LINEで送る

読了時間3分

こんにちわ!ソシャマノートのこのみです。お仕事活用術第二段!前回は「仕事を楽しくするために、自分の上司のタイプを知ろう」という内容でした。今度は「タイプ別上司の操縦方法」がまるわかり?頑固な上司にソーシャルメディアを始めてもらうにはどうすればいいのでしょうか?それでは仁さん、今日もよろしくお願いします!

 

タイプ別:上司の操縦方法!

こんにちは。マイネット・ジャパンの上原です。前回は上司を操縦する前に「上司のタイプ分け」をしてみました。あなたの上司がどのタイプに当てはまるかチェックできましたか?

タイプ別:思いのままに上司を操縦する方法(前編

これからこのタイプ別に上司を動かす方法を勉強していきます。今回のテーマは「ソーシャルメディアを上司に使わせる」です。

オジサン化してしまった上司たちは新しいモノへの感度が落ちてしまって、若手には当たり前になっているFacebookやTwitterにもなかなか手が伸びないでいます。プライドだけは高かったりするので、メディアでも報道されて「やってて当然感」が漂う今となっては余計に手を出しづらくなっています。

しかし企業広報や採用活動はもちろんのこと、取引先とのコミュニケーションや社内の情報共有までソーシャルメディアを使わなければ立ち行かない場面も出てきている昨今、上司がソーシャルメディアを使ったこともないとなるとあなたの部署や会社全体までが社会からおいてけぼりにもなりかねません。

ここはあなたが一肌脱いで、タイプ別にぴったりな説得方法で上司にソーシャルメディアを使わせてみせましょう。

Aタイプ:肉食系 ガツガツ上司

(特徴)
気合が溢れる攻撃的な上司。営業部に多く生息している。
体育会系出身者が多く、昭和の香りが漂っている。現場重視だがガン詰めしてくる傾向がある。
好物:目標・達成
嫌いなもの:屁理屈


【操縦方法】
このタイプの上司は勝ち負けに超こだわりますので、ライバル上司を引き合いに出すと効果テキメンです。「隣の●●課長はフォロワー500人いるらしいですよ」「●●課長に負けてていいんですか?」あたりの焚き付けが思いのほかクリーンヒットします。

それでも届かないときは「(聞こえよがしに)やっぱ今どきソーシャルわかってる人じゃなきゃついていけないよなー」あたりの言葉でガツガツ上司の支配欲をくすぐってあげましょう。すぐカッチーンと頭にきて動き始めます。

ただしあなたの未来がまっ暗になる恐れがありますのでやりすぎにはご注意ください。

Bタイプ:クール系 テキパキ上司

(特徴)
いつも冷静で論理的。管理・技術系の部署に多く生息する。
理系的ですべて数字で表す姿は機械のような冷たささえ感じるが、好き嫌いで判断をしないので公正に評価される。
好物:明確なルール
天敵:感情的な上司


【操縦方法】
Bタイプの上司は因果関係のはっきりしたものはすんなり受け入れますので、「Facebook国内成功事例の85%の施策責任者が、個人でもFacebookを利用しているそうです。課長も利用してください」というような数値の裏付けで提示するとすぐ動いてくれます。

もし効かなかったときはもっと上の上司を使いましょう。Bタイプは組織のルールを遵守しますので「●●部長の命令です」という手法は即効性ありです。

Cタイプ:創作系 ヒラメキ上司

(特徴)
天真爛漫なアイディアマン。部下とは友達のような関係になるタイプ。企画系の部署に多く生息する。オープンで接しやすいが、あまり面倒はみてくれない傾向がある。上司の技を盗める人は相性がよいかも。口癖:「課長になんてなりたくなかった…」


【操縦方法】
Cタイプの上司は元来新しいもの好きですので実はこっそりと過去に手を出していた可能性が濃厚です。なので「C課長ならもちろんやってますよね?」と話を振るとしれっとアカウントを持っていることが多いです。ちなみに彼らはなぜか匿名でやりたがる傾向があります。

もし本当にやっていなかった場合は今更ツイッターやFacebookをさせるのは至難の業です。ここは敢えて「最近アメリカだとピンタレなんとかってのがすごいらしいですね、たぶんうちじゃ誰もやってませんけど」なんて伝えてみましょう。翌週にはPinterestの面白さを周りにコンコンと語っていることでしょう。

Dタイプ:癒し系 ホンワカ上司

(特徴)
面倒見がよく、縁の下の力持ち的な存在。バックオフィスや顧客サポート系の部署の水がよく合う。ホンワカしすぎてて、意識の高い若者からは物足りなさを感じられるかも。好物:「ありがとう」の言葉
得意技:ノミニケーション


【操縦方法】
Dタイプの上司は自分のためにはなかなか動きませんが部下の悩みなどには身を乗り出してきます。なので「部署のみんな、悩みとかグチとか全部Facebookでやってますよ」なんて伝えたらまずイチコロです。気づいたら部下のすべての投稿にいいねをつけてることでしょう。

 

どうでしょう?あなたの上司の操縦法は見つかりましたか?
もしまだ上司のタイプがわからないときはこれらのメッセージを全部上司に投げかけてみてください。きっと反応の強さで上司のタイプも見えてきますよ。


なるほどー!タイプによってこんなに対応が変わっちゃうんだね!びっくり。ところで仁さんは自分でどのタイプだと思いますか?このみの予想では、「Aタイプ:肉食系 ガツガツ上司」なのだけれど!


うん?俺はそんなガツガツしてないぜ。


ふーん・・・そっかぁ残念。このみはグリーの社長みたいな、肉食系・ガツガツな上司が良かったなあ。


カッチーン!!


それでは本日はここまで!仁さん、どうもありがとうございました!
また次回よろしくお願いいたします!


 

Comments

comments

作成者: 上原 仁

74年生。滋賀県出身。神戸大学経営学部卒。現在は東京在勤。株式会社マイネット・ジャパン 代表取締役社長。事業領域はモバイルウェブ。 3万店舗が利用するモバイルASP - katy:ケイティや参加型ニュースサイト - newsing:ニューシングを運営。個人の専門は経営戦略、マーケティング

コメントを残す

必須欄は * がついています



*

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

3DCG、Spine制作ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!