logomatome

今更人に聞けない、ソーシャルアプリの基本知識徹底まとめ!!(その1)

| 0件のコメント

Pocket
LINEで送る

 

 

(読了時間3分)
こんにちは!芝辻です。今回もソシャマノートに記事を寄稿させて頂くことになりました。今日の記事のテーマはソーシャルアプリです。

ソーシャルメディアプラットフォーム上で次々にリリースされるアプリ。ソーシャルアプリを使った企業のプロモーションなど頻繁にみられるようになりました。マーケティング担当者はもちろん、開発に携わるデザイナーやエンジニアもソーシャルアプリに関わる機会がふえたのではないでしょうか?
そこで今日からソーシャルアプリに関する基本的な知識やその背景・市場動向・事例・今後の動向予測を数回に分けて、徹底的にご紹介したいと思います!

    記事アジェンダ

  1. ソーシャルアプリとは何か?
  2. ソーシャルアプリの市場動向は?
  3. 国内外のソーシャルアプリ事例は?
  4. ソーシャルアプリ活用における今後の予測

1.ソーシャルアプリとは何か?

1-1.ソーシャルアプリとは

ウィキペディアによると

SNS上にウェブブラウザ上で動作するAPIなどの動作環境(アプリケーション・プラットフォーム)が提供され、これを基盤として制作されたアプリケーションソフト

のことを言い、それらを総称してソーシャルアプリケーションと呼んでいます。
この中のゲームの部分を、ソーシャルゲームと呼んでいます。

つまり、Facebookやmixi、GREE、mobage、Amebaなどのソーシャルネットワーキングサイト(SNS)上で動くアプリケーションのことを指しており、ユーザーが個人で利用するような一般的なアプリケーション(ワープロや表計算ソフト、電子メール、プレゼンテーションソフトなど)とは異なり、ユーザー同士のコミュニケーションや情報共有、繋がりの情報や、プロフィールに登録されている個人情報、趣味関心情報などを活かした機能を主に持つアプリケーションのことを指しています。
ゲームで言うと、オンラインゲームとソーシャルゲームの違いはプラットフォームであるソーシャルメディアが存在するかどうかで区別をされます。

ソーシャルアプリはソーシャルメディア上で提供されているサービスですが、ソーシャルメディア自体に組み込まれたサービスではなく、外部のサーバで稼働しています。API(Application Program Interface)というアプリ内の情報を出し入れができる仕組みを使ってソーシャルアプリが実装されています。

1-2.ソーシャルアプリのカテゴリ分類

ソーシャルアプリをカテゴリ別に分類してみました。

主にゲーム、ツール系、その他(占い、懸賞)が存在している。ゲームやエンタテインメント要素を持つアプリがかなり多いです。ゲーム系は国内では特にGREE、mobageで積極的に展開されています。mixiでもゲーム系も存在しますが、よりコミュニケーションを重視したアプリが多い印象です。

海外ではFacebookや中国のレンレン(人人網)カイシン(開心網)などに主なソーシャルアプリが集中しておりソーシャルゲーム以外にも便利なツール系のアプリも充実しています。その他はGoogle+、Myspaceなどはソーシャルゲームを中心としたアプリが存在しています。

Twitterはソーシャルメディアプラットフォームではありますが、上記に該当するようなソーシャルアプリはないとのことです。(中の人から伺いました。)

1-3.各種SNSのAPI公開の流れ

多くのソーシャルアプリが作られるようになったのは、各種ソーシャルメディアプラットフォームのAPI公開にありました。その歴史はまだ浅く、ここ数年で次々に公開されるようになりました。

【海外】
2007年5月に当時世界第二位のSNSであったFacebookがAPIを外部の開発企業向け(SAP)に整備し公開
2009年11月、LinkedInがAPIを公開
2009年12月、Myspaceが外部にリアルタイムAPIを公開し、
2011年9月、Googleが「Google+」のAPIを公開しました。

【国内】
2008年12月、国内ではmixiが初のソーシャルアプリ「mixiアプリ」のAPIを外部に公開し、
2009年8月、DeNAは「モバゲータウン」のAPIを公開し、
2010年2月、GREEはGREEのデータを活用したサービスを開発可能にするプラットフォーム「GREE Connect」を公開しました。
2012年6月、サイバーエージェントのAmebaのスマートフォン向けサービスをリニューアルしゲームAPIを開示
2012年7月、NHN Japanは7月に「LINE Channel」を発表し、外部のコンテンツパートナーからコンテンツが提供されるようになる予定です。

【参考記事】
ソーシャルアプリケーション
アプリケーションソフトウェア
アプリケーションアワード
ソーシャルゲーム(wiki)
日本と海外のソーシャルゲーム企業一覧

ソーシャルゲームその他
今回はソーシャルアプリの定義と、そのジャンル分け、API公開の流れに関してまとめました。次回はソーシャルアプリの市場動向に関してまとめていきたいと思います!

株式会社フーモア 代表取締役社長 兼 漫画家 芝辻幹也

HP:http://whomor.com/
Fb:https://www.facebook.com/MikiyaShibatsuji
Tw:https://twitter.com/#!/mikiya_4822

Comments

comments

作成者: shibatsuji

株式会社フーモア所属。漫画家担当。イラスト制作などをしながら自社サービスを開発中。

コメントを残す

必須欄は * がついています



*

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

3DCG、Spine制作ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!