すぐにするべき重要な事

UXデザイン7つの要素を意識してサイトを改善してみよう!

| 0件のコメント

Pocket
LINEで送る

 

 

読了時間3分

こんにちは!ソシャマノートのこのみです。先日投稿した「UX7つの要素から考える。ユーザー体験をデザインするってどういう事? 」の記事でWebサイトのUXデザインついて勉強をしました。せっかく勉強したので今回はクリエイターの川崎ちゃんと一緒に、このソシャマノートブログの改善を実践していきたいと思います。


こんにちは、マイネット・ジャパンの川崎です。よろしくお願いします。ソシャマノートもオープンしてから8カ月・・・コンテンツが増えて大分複雑になってきたね。


うん。ファンも読者も沢山増えた!でもちょっと使いづらいと思う事もある。。。せっかくUXについて調べたし、もっとわかりやすくて役に立つ造りにしたいよ。


そうだね。私も勉強しながらになるけれど、一緒に頑張っていこう!しかし「全部をいきなり改善する!」という考えで行くとどこから手をつけてよいか混乱するのでまずは計画を立てよう。

改善について考える前にまずは全体構造をチェック!

私たちが運営しているソシャマノートは、ブログを母体にFacebookページとTwitterとイベントを運営しています。その目的は自社のブランディングです。

  1. 目的
    ブランディング
  2. KPI
    採用ページへの送客数(採用活動への貢献)・記事に対するいいね数(コンテンツの評価)
  3. ターゲット
    20代~30代のWebデザイナー・ディレクター
  4. コンセプト
    「クリエイティブ×マーケティング」
    全ての仕事はマーケティングに基づいて行われている。その前提の下、デザイナー・ディレクターの観点から制作業務に役立つ情報を発信。発見や刺激・考えるきっかけになるメディアになりたい

 

コンテンツはブログにあり、ソーシャルメディアとイベントはあくまでブログの持つ目的の達成を加速させるための手段です。もちろんそれぞれの手段にもまた目的や数値が課せられています。(強化・改善は全体で考える必要がありますが、今回の記事ではコンテンツの重要性を考えブログに集中して執筆します。)

UXの7つの要素から改善できる事を書き出していく

前回紹介したUXのハニカム構造図です。これを足掛かりに、思いつく改善を上げてみます。

改善できそうなことを書き出す

後から見ると当たり前だろう!と言いたくなりますが、できてない事が多いです・・・。でも書き出してみるだけでだいぶ意識が変わります。

次に優先順位を考えます。

必要不可欠な要素⇒強化するべき要素


ソシャマノートはメディアなので、発信する情報の有用性と信憑性は必要不可欠です。

ソシャマノートが追求する「有用性」とは記事内容が”独自の見解である事””実践的である事”です。自分で学んだ事・調べた事を咀嚼し、自分の言葉で表現して実践におとせるようにする事、発想に役立つ事。
「信頼できる」とは情報ソースをそのまま転載してまとめるだけでなく、内容を確認した上で考察・意見を加えて発信する事です。
この2つは大きく改善をするのではなく、日ごろの活動の中で今まで以上に意識してより強化していきます。

できていない事⇒改善に取り組むべき要素


「みつけやすい」「使いやすい」はとても重要ですが残念ながら十分にできている状態とは言えません。メディアを開設してから8カ月たち、コンテンツ・カテゴリーが増えて構造が複雑になりました。
訪問者がこのブログの専門分野をすぐに把握できる・関連する記事を見つけることが出来るよう、一度整理しなくてはいけません。放っておくとどんどん修正が難しくなってしまいます。なのでこの2つの要素について改善できるようしばらく取り組んでいきます。

残りの「魅力的」と「誰もが見れる」については、少し優先順位をさげて日頃出来るところから手を付けていく考えです。

時間をとって、1つ1つ問題を解消していく

さて、「見つけやすさ」と「使いやすさ」の改善についてです。

前回の記事で言及した”Findable(みつけやすい)”の定義

Findable=迷わず目的地へたどり着ける
ユーザーがWebサイトで迷わないよう導く設計、また自分のいる位置を確認できるような設計。

基本的には訪れた人がこのブログが何を専門としているのか・どの情報がどこにあるのかをすぐに認識できるよう、情報の整理をする事になります。このあたりは”IA”に関する知識を要します。

IA=インフォメーションアーキテクチャ
「情報をわかりやすく伝え」「受け手が情報を探しやすくする」ための表現技術。ナビゲーションなど、ユーザーが一目見て目的の情報を探せるようにする。(もしユーザーがブラウザの中で必要な情報を発見することができなければインフォメーションアーキテクチャは失敗ということになる。)情報をその基礎的な単位にし、互いの関連性を整理し意味づけをしてグルーピングし知識やデータを組織化する。

UX7つの要素から考える。ユーザー体験をデザインするってどういう事?より)

情報構造はサイトの骨格だと認識しているので、先に「みつけやすい」から改善して「使いやすい」に取り組む計画です。

 


な、なんか難しそう!だし大変そう!でもこうして一個一個整理していけば、ステップアップしていけそうな気がする。
うん。難しいけれど1つ1つクリアしていこう。UXについてはそれぞれの要素が相互に作用しているので、常に全体を見るように気をつけながら着実に進めていきたいね。読者の皆様には試行錯誤の過程をお伝えしながら、実用的な情報を発信していけたらと思います。

はい!それでは今日はここまで。
次回はIAについてどのようなアプローチをしていくかを書きたいとおもいます。そして、もしブログを見ていて使いづらい事があったら是非おしえてください。どうぞよろしくお願い致します。

Comments

comments

作成者: このみ

㈱マイネット デザイン業務の傍らソシャマノートブログとそのFacebookページを運営。楽しくワクワクするような事を追いかけたい!

コメントを残す

必須欄は * がついています



*

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

3DCG、Spine制作ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!