csd

【ディレクター・イラストレーターは見ないと損!】キャラクターの構図・配色に役立つサイト4つのサイトを厳選しました

| 0件のコメント

Pocket
LINEで送る

読了時間2分

こんにちは!ソシャマノートのこのみです。今日も株式会社フーモアの芝辻さんにブログを執筆して頂きました。芝辻さん、なんとこの半年間で1000近くのキャラクターを作ったそうです!ネタとか尽きないんでしょうか?(=゛=;)一体どこからインスピレーションを得るんでしょう??そこで今回は精度の高いディレクションをするために、芝辻さんがいつも参考にしているサイトを教えてもらう事にしました!


こんにちは!芝辻です。この半年間イラスト(特にキャラクター絵)について勉強しながらではありますが、イラストのアートディレクターとして沢山のキャラクターを制作してきました。もちろん、その過程では構図や配色などすぐに決まらずに躓くこともあります。

今回はイラストの重要な要素である「配色」と「構図」の2つについて、私が参考にしている無料のサイト・ツールをご紹介したいと思います。

1.悩む前にまず見ておきたい、「配色」に役立つ3つのサイト

配色パターンが参考になる「Adobe Kuler

キャラクターには様々な個性があり、肌の色から髪の毛・目・洋服の装飾などいろんなものに色をつけなくてはいけません。背景色との兼ね合いも含めカラーバランスを上手く取らないとおかしなイラストになってしまいます。

基本的に指示書をベースに配色等を決めますが、「メインの色は決まっているけど、配色が思い浮かばない」と言う事は多々あります。そんな時、私が参考にしているのがAdobe Kulerです。

サイトにアクセスしCreateを押すとこちらの画面に遷移します。真ん中の円上にある5つの丸を後は弄るだけです。これだけで好ましい配色のパターンを作ることができます。便利ですね!

基本をしっかり押さえてくれる「Color Scheme Designe0r

他にColor Scheme Designerというツールもオススメです。色を指定するとバランスのいい色を選んでくれます。基本をしっかり押さえてくれる反面やや柔軟性にかける面はありますが、オーソドックスな配色は参考書のようで大変助かります。

思わぬ出会いを演出してくれる、「Pictaclous

Pictaclousでは既にあるイラストの配色からエッセンスを得たい場合、参考画像をアップロードすると配色パターンを抜き出して教えてくれる便利なサイトです。

Pictaclous自身が提案する色の他にも、「kuler」や「COLERlovers」が提案する配色が並んでおり、ここでは思わぬ配色パターンとの出会いがあります。

 

2.絶対押さえておきたい「構図」の参考サイト

まるで人体構図の辞典!「posemaniacs

前回のブログでは、キャラの魅力を引き立てる方法に関して構図を工夫する事を紹介しました。イラストに重要なキャラの構図について、アイディアが浮かばなかったり、どんなものにしたらよいか悩んだ時はposemaniacsというサイトを参考にしています。

構図が分類分けされており、サイト内リンクでアーカイブを見ることが出来ます。指示書にはこちらの絵を直接載せませんが、バランスが崩れているイラストの赤入れで、何度やっても上手く仕上がらない場合に、似たような構図を探して参考にしています。

以上、イラストディレクションにお勧めのお役立ちサイトでした!ご参考になりましたでしょうか?
その他まだまだたくさん紹介したいサイトや本はありますが、またの機会にご紹介したいと思います。


なるほど~。便利なサイトがたーくさんあるんですね!構図のサイトなんかは初めて知りました。配色は特にWEB制作にも参考になりますね!芝辻さんありがとうございました。次回も楽しみです!

 

株式会社フーモア 代表取締役社長 兼 漫画家 芝辻幹也
HP:http://whomor.com/
Fb:https://www.facebook.com/MikiyaShibatsuji
Tw:https://twitter.com/mikiya_4822

Comments

comments

作成者: shibatsuji

株式会社フーモア所属。漫画家担当。イラスト制作などをしながら自社サービスを開発中。

コメントを残す

必須欄は * がついています



*

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

3DCG、Spine制作ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!