マンガ制作に関する情報をお届けるマンガ(漫画)ブログ マンガラボ

フーモア公式マンガ(漫画)ブログ「マンガラボ」です。漫画制作に役立つ!?マンガ制作に関する情報をお届けします。

*

あなたも漫画家の編集者?ソーシャルメディア時代の漫画の描き方はどうなるか。

   

バクマンと言う漫画はご存知でしょうか?

高い画力を持った真城最高と文才に長けた秀才である高木秋人の少年コンビが漫画家を目指していく道のりとその活動を描く漫画です。
この漫画の単行本第1415巻にかけて現れる七峰と言う漫画家の漫画の描き方は、ソーシャルメディア時代の漫画の描き方を示唆しているように思います。
cf9ce703
※バクマンの七峰
バクマンでの漫画の描き方は、ソーシャルメディア上でユーザーとストーリー展開のディスカッションをしながら漫画を描くという、描き方をしています。

漫画内では、上記イラストの七峰というキャラがそのような描き方をしていますが、悪役のように描かれており、ソーシャルメディア上での多く出る意見を聞き過ぎるが故に作者の味が出ず、話にも一貫性がなくなってしまいます。連載する漫画雑誌内での順位が下がっていき、漫画家が形成しているコミュニティから「何故俺のアイディアを使わなかった?だから順位が下がったんじゃないか?」などと、コミュニティが崩壊していく様子が描かれています。

■WEB1.0~2.0時代の漫画の描かれ方

・ドラえもんの最終回

インターネットが流行り始めた頃、上記に近しい事例は日本国内でも既に起きています。例えば、「ドラえもんの最終回」だ。(※非常に感動するので是非読んで欲しい)6494ecb4-sドラえもんの最終回は1990年頃携帯のチェーンメールで出回り始めたが、実に様々な最終回がドラえもんのファンによって考案されています。
「のび太植物人間説」「ドラえもんの開発者はのび太説」…など。
生活者が勝手にドラえもんの最終回を妄想して、
「あ!それいいね!!でもこうするともっと面白いよ!!」
「おぉ!!ホントだ!友達にメールで送ろう!」
なんてやり取りがリアルでなされ、それがどんどん広まっていき、最終回の内容がブラッシュアップされていったのではないかと思う。ブラッシュアップされた内容を漫画描きが描いてWEBにアップし、爆発的に広がりました。

・ブログ的漫画の描かれ方「WEB漫画(ウェブコミック)」

WEBやブログ等が流行り始めると、誰でも簡単に漫画を発表できる手段として、アマチュア作家を中心にネット上で多くの作品が公開されるようになりました。
今日の猫村さん」や「ぼく、オタリーマン」などはネット上で人気を集め、実際に出版にまで至っています。

■ソーシャルメディア時代の漫画の描かれ方(妄想)

ソーシャルメディアによりブログ等よりも、より気軽にユーザーがネット上で会話や情報発信をし始めました。
先に挙げたバクマン内ではやや広義のソーシャルメディアである掲示板のようなところで、ユーザーとコミュニケーションを取りながらストーリーをみんなで作り込んでいます。しかしながら、TwitterやFacebookのようなソーシャルグラフを保有しているソーシャルメディアを活用することで、漫画という作品をより作り込むことが出来るかもしれないと考えています。

・生活者の声をモニタリングする(傾聴)

特に自分で描きたい内容も無く、漫画家が漫画のネタに困っているとする。そういう時は、ソーシャルメディアを傾聴してみると、世の中の生活者の興味関心のあること、今流行りの言葉など、何らかしらのインサイトが得られるはずだ。
Googleのリアルタイム検索が消えてしまったが、Yahoo!でリアルタイム検索ができるようになっているので、そこで検索をするとあるワードに対してどんな内容で会話されているかを見ることができる。

・漫画のストーリーのフィードバックをもらいながら作成する(企画開発)

ここはバクマン内でもやられている通りである。利害関係が無い場合は、有名な漫画家でない限り多くの生活者からフィードバックが得られないので、以下の3つの方法を使うと良いかもしれない。
1.自身のソーシャルグラフ上の友人からフィードバックをもらう(ソーシャルグラフを活用する)
2.pixivcomicoやその他サービスなどにある漫画コミュニティからもらう(インタレストグラフを活用する)
3.MROC的な手法で、質の高い生活者と利害関係を構築しフィードバックを得る
※3のMROCとはMarketing Research Online Communityの略で、最近マーケティング・リサーチで使われるようになった手法で、クローズなリサーチ専用のコミュニティを形成して生活者のインサイトを得ると言うもの。
※3は今のところクラウドファンディングなどなら実行できそうです。

・漫画を読んでもらう(販売促進・プロモーション)

読んでもらう際もソーシャルメディアを活用し、通常の企業が行っているようなプロモーションを行う。
「読んでくれた人の中から抽選で似顔絵プレゼント!」「次回以降あなたの名前をキャラクターを登場させます。」のように漫画家らしいキャンペーンなどを打つと面白いかもしれないですね。
読んでもらった感想等をさらに傾聴し、次話以降の漫画のフィードバックとする。と言うこの流れをグルグルと回しながら漫画という作品を作成していく。
最近ですと、マグネットというサービスがあり、TwitterやFacebookなどと上手く連携することでこれと親しいことが実現できそうです。

fa916edc-s

お気付きかもしれないが、この流れは会社が製品やサービスを作る際に行われるバリューチェーンと全く同じです。実際のところこの流れが上手く回るのかどうか事例がない(もしくは見つけられていない)ため、賛否両論あるかもしれないが、今世の中で言われているようなソーシャルメディアマーケティングも十分漫画に応用できるはずだと私は思います。

それでは次回をお楽しみに。
お問い合わせはこちらまで

Comments

comments

 - ソーシャルメディア, マンガ , ,

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!

Message

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です


*

  関連記事

redocean
レッドオーシャン化する韓国のwebtoon市場

縦スクロールのマンガの発祥といえば韓国ですが、市場環境はかなり厳しくレッドオーシ …

29
漫画(マンガ)はもっとネット化(IT化)してもいいのではと最近思う。

前回は以下の記事で、電子書籍でマンガを売るということを考えました。 マンガ市場と …

eyechatch
マンガでビジネスをする人は読んでおくべき書籍10選

新年あけましておめでとうございます。 今年もどうぞよろしくお願い致します。 フー …

04_mangamarket_2
マンガ市場とソーシャルゲーム市場を比較し、電子書籍で漫画を売ると言うことの考察と、その課題解決方法を真剣に考える!

国内の漫画ビジネスに関して、考えていることをまとめたいと思います。 漫画ビジネス …

06
商品販促に漫画利用って有効なの?ストーリーを用いたマーケティング手法

フーモアでは2017年から漫画広告に利用する漫画制作の受託が増えております。 こ …

03_ranking3
歴代少年マンガで最も面白い漫画は何か?発行部数と巻数と連載期間から抽出したマンガの「面白さ度」の指標を定義してランキング化してみた。

「売れているモノが面白い」は確かにそうだと思います。 しかしながら、ラーメンで例 …

01_storietop
ちょっと注目!小説と漫画の中間 x スマホ最適化サービス「STORIE」

スマホに最適化されたコンテンツの開発は様々なところでされていると思いますが、20 …

01_icon
縦スクロールマンガWEBTOONが実際に流行っているのかどうか韓国に行ってインタビューしてみました。

フーモア社長室の白壁です。 縦スクロールマンガ(WEBTOON)が俄に流行り始め …

20160321182644
マンガビジネスにAmwayなどのネットワークビジネスを応用できないかと考えた結果・・一周する

マンガのビジネスを考えると、単行本で収益を上げて、原作として他のメディア(ドラマ …

00_title
鳥山先生は映画のようなカメラワークでコマを割っている!~「ドラゴンボールの左と右と読みやすさの秘密」に補足してみた~

初めまして。フーモアの遠藤です。 アニメ業界に長く居ましたので、今回はその観点も …