*

2015秋最新流行メイクを参考にしながら顔テクスチャにメイクをするぞい 第一回

公開日: : ,

もうすっかり寒くなってきましたね。
ショップのウィンドウも雑誌も秋冬仕様に一気に衣替えの時期。
女子はメイクにも季節をとりいれなければならないのでめんど・・大変ですね。

今回SDキャラモデルの顔テクスチャをすっぴんから流行顔にメイクアップしていきます。
第二回はそれをふまえた上で、色々な過去メイクのテクスチャで遊びます。
第三回では応用としてマツエクから学ぶまつげで作る目の印象について書きたいと思います。
メイクブログのような3Dブログです。
この記事を書こうと思ったきっかけは、参考に読んでいた3Dの本に載っていたメイクノウハウが古すぎて全く参考にならなかったことや、ハイポリモデルのメイクの本はあるのにSDキャラの顔テクスチャに言及した参考書やブログが無かったことです。
ないなら書けばいいじゃない!
ということでよろしくお願いいたします。

さて、今年のメイクの流行はどんなものかご存知でしょうか。
参考URL:http://matome.naver.jp/odai/2144403769733906601

春夏は圧倒的に「おフェロメイク」が流行りました。
おフェロメイクというのは おしゃれ×フェロモン の要素が組み合わさった造語であり、
血色がよくて、色気がじゅわっとにじみでるようなメイクのことで、ほてり顔メイクとも言われます。

ですが秋冬は色気のある濃いメイクが復活するみたいです。
秋の濃いめカラーのファッションでメイクは軽やかというのはアンバランスですね、秋メイクは「ちょい濃いめ」。
抜け感を出すアイメイクがはやっていましたが、目元の囲みメイクが復活し、
ショコラアイシャドウが大流行。リップはチョコレートカラーやボルドー・バーガンディに注目が集まっています。

1.秋メイクを実際の人間で試すと

01_eye

02_lipcolor

03_maketool

チョコレート系のブラウンシャドウをグラデーションで乗せ、涙袋には赤をいれています。
下まぶたにもカラーを入れるのが今年風なのです。
リップはボルドーをマットに塗っています。
うつしてはいませんが、チークはほとんどしていません(青みチークをすこしだけ)。

2.秋メイクのポイントをまとめた

04_eye2
こちらを参考にテクスチャにあてはめていきたいと思います。

3.用意したモデルにメイクしていきます

05_naked
まずはすっぴんの状態になります
そ、素朴・・・・

06_colorcontact
最初にカラコンをいれて眉毛をかきました。
これだけで大分印象がかわりましたね。

07_eyelash
アイプチで二重にしてライナーで目をぱっちりさせました。
本来メイクする際ライナーはアイシャドウの後につかいますが、ここではバランスを見るために目のふちから描いています。

08_shadow
違いがわかるように片目から。
シャドウをいれます。チョコレートブラウン。
アイシャドウをグラデーションをかけて入れると、凸がでて目が大きく見えますね。

09_encloseandeye
下まぶたに赤をいれてアイラインのふちを茶色のシャドウで囲みました。
現実でメイクするときは涙袋にハイライトをいれますが、SDキャラでそれをやりすぎると気持ち悪いので少しだけハイライトを目頭にのせました。

10_cheek
青みチーク(青みがかったピンクのチーク)をいれました。
ちなみに、今回ボルドーのリップカラーにするので青みチークにしましたが、チョコレートカラーやヌーディカラーのリップにするときはオレンジ色のチークをいれると良いです。

11_eyes
両目にメイクを施しました。もうすこしですね。

12_holdlip
ボルドーリップをマットめに塗りました。
ばっちりですね~
ついでにフェイスラインにシャドウをいれました。

今年のマストメイクアイテムとして、クリームチークの他にカラーアイライナーやカラーマスカラなどがあります。
ネイビーはあわせやすいのでこのように↓目尻側にいれてもおしゃれです。SDキャラでやるとアレですが。。

13_navyline

以上が流行のメイクになります。

4.番外編

【NG】

14_NG
アイメイクが濃いのにチークをいれすぎるとよくある初心者の失敗例みたいなかんじになってしまうので注意です。

さてすっぴんのときとくらべてみましょう。

15_comparison
うん、立体感があってかわいいですね。

こちらが春夏にはやったほてり顔メイクです。(ほてり顔メイクのポイントについては次回書きます)

16_face
ほてっていて色気があるけれどかわいくて守ってあげたくなるような・・
春夏メイクと秋冬メイクを比較してみましょう

17_comparison2
同じベースなのにメイクだけで雰囲気がかわりますね。

このようにシャドウの色、チークの入れ方、リップの色だけでかなり印象が違いますね。
旬顔というのはやはりありますから、旬顔を頭にいれた上でテクスチャ制作にあたるとより一層かわいい女の子キャラクターがつくれるのではないかと思います。
アニメのキャラクターを参考にしがちですが、リアル女子を参考にみてみるのも違った視点をとりいれられていいかもしれませんね。
みなさんも是非ためしてみてください。

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!

関連記事

10

グリー主催:中級者向け!2Dアニメーションツール勉強会レポート

 CG開発室の遠藤です。1月29日に、グリー様主催、WebTechnology様、Live

記事を読む

1123_01

3Dフィギュアを作ってみる 完

CG開発室の遠藤です。 前回より引き続きまして、3Dプリンターで作るフィギュア完結編になります

記事を読む

160516_03

[Spine研究]Spineでクォータービューアクションはできるのか?

CG開発室の遠藤です。 久しぶりのSpine研究記事になります。 横スクロールなどに比べ

記事を読む

2_1980s

2015秋最新流行メイクを参考にしながら顔テクスチャにメイクをするぞい 第二回

過去の流行メイクを踏まえてテクスチャで遊ぶぞい編 前回は2015秋の最新流行メイクについて触れまし

記事を読む

icon_part3

【第3回】Adobe Fuse CC(プレビュー版)を活用しよう!【Photoshop編】

こんにちは、CG開発室の三木です。 今回の記事でAdoebe Fuse CC(プレビュー版)の

記事を読む

defo

MagicaVoxelを使って3Dドットモデルを作成してみる 後編

こんにちは、CG開発室に所属しております3Dデザイナーの梶です。前回、3Dドット絵を描けるソフト、M

記事を読む

icon_part2

【第2回】Adobe Fuse CC(プレビュー版)を活用しよう!【Mixamo・Maya編】

こんにちは、CG開発室の三木です。 前回から引き続きAdobe Fuse CC(プレビュー版)

記事を読む

face_01

2015秋最新流行メイクを参考にしながら顔テクスチャにメイクをするぞい 第三回

まつげエクステから学ぶまつげデザインによる印象の違い編前回に引き続き、今回もメイクについて掘り下げた

記事を読む

99

MagicaVoxelを使って3Dドットモデルを作成してみる 前編

あけましておめでとうございます。2016年、申年がスタート致しました。今年もメンバー一同、より邁進し

記事を読む

160311Fsicon

【第1回】Adobe Fuse CC(プレビュー版)を活用しよう!【モデリング編】

こんにちは、CG開発室の三木です。 今回は3Dの知識がなくても人型の3Dキャラクターを簡単に制

記事を読む


  • 「おもしろいMANGAを創る」をビジョンに今までになかった新しい価値観を創造する会社。イラストや漫画制作のディレクター集団。
    お問合せはこちらからお気軽にどうぞ
  • ブログ最新記事とクリエイティブに役立つ情報を日々配信しています。

PAGE TOP ↑