*

2015秋最新流行メイクを参考にしながら顔テクスチャにメイクをするぞい 第三回

公開日: : ,

まつげエクステから学ぶまつげデザインによる印象の違い編

前回に引き続き、今回もメイクについて掘り下げた3Dキャラモデルの顔テクスチャーについて書きたいと思います。

今回は一般的なまつげエクステのまつげデザインを参考に解説していきます。

下記が参考サイトになります。

まつげエクステの本数、太さ、デザインでこんなに違う!?マツエクデザインカタログ☆あなたはどれを選ぶ?|MERY [メリー]
アイラッシュのデザインどうしよう!?悩む前にカタログを見て出来上がりのイメージを想像しちゃいましょう!

デフォルメキャラクターで見るまつげデザインの特徴

現実のまつげデザインをデフォルメキャラクターに落とし込んでいきます。

eye_01

まずは、すっぴんの目から見ていきます。

face_01

すっぴんの目に寄せて描いたテクスチャがこちら。現時点ではノーメイクのテクスチャとなります。

今回は、まつげの種類による印象の違いを顔テクスチャでも汎用できることをご紹介します。

キュート系ドールアイの場合

eye_02

キュート系ドールアイはまぶたの中央部分、黒目の上のまつげの部分のボリュームを増やすことによって、黒目を強調させ、目をより大きく見せる効果があります。

さらに、まつげの一束ごとのボリュームを増やすと、人形のようなぱっちりとした可愛らしい印象になります。

face_02

これらを踏まえ、描いてみるとこうなります。

ヒロインキャラやロリ系のキャラに合いますね。

きれいめナチュラルアイ

eye_03

自然に、本来の目の形にあわせた扇方でととのえます。

下まつげも少しだけ手を加えることにより、地味すぎないかわいい顔になります。

ナチュラルにする場合はまつげは細めに描くと良いです。

face_03

これらを踏まえ、描いてみるとこうなります。

スポーティなキャラや地味めなキャラに合います。

しっとりセクシーアイ

eye_04

目尻部分のまつげを長く描くのがポイントです。

しっとりとセクシーな目元にするには、目尻に長さを加え、カールは抑え気味にすることによって、たれ目風に見せることができます。

face_04

これらを踏まえ、描いてみるとこうなります。

お姉さんキャラや魔女のようなキャラに合います。

ばさばさゴージャスアイ

eye_05

まぶた全体に長めで強めのカールをつけることにより、ゴージャスなつけまつげ風の盛りまつげに仕上がります。

瞬きをする度にばさばさと効果音がつきそうな強い印象になります。

face_05

これらを踏まえ、描いてみるとこうなります。

敵の女ボスキャラやオカマキャラにぴったりですね。

 

以上のことをまとめた表で、比較してみましょう。

all

それぞれまつげの長さ・描き方で印象が異なって見えます。

まつげを変えるだけでここまで印象の違いを生み出すことができます。

まとめ

目の印象だけでもこれだけ大きくデフォルメキャラクターの印象を変えることができます。それだけ顔のテクスチャはとても大事なものです

現実のメイクのように、デフォルメキャラクターにもこのようなメイクの技術を取り入れることにより、キャラクター表現の幅を広げることができます。

おわりに

いかがでしたでしょうか。

第一回では流行のメイクを追うことにより、「カワイイ」顔の流行を取り入れた顔テクスチャをご紹介し、第二回では過去に流行したメイクの、顔テクスチャをご紹介しました。

そして今回はまつげの種類による印象の違いをご紹介しました。

このようにキャラクターにも時代や流行に沿ったメイクを取り入れれば、キャラクターの個性をより多く表現することが出来ます。

既存のキャラクター達だけを参考に顔の描き方、化粧の表現を学ぶのではなく、現実の技術や時代を先取ったメイク術を取り入れることで、より時代にあったキャラが出来上がっていくのではないでしょうか。

 

 

▼3DCG・アニメーション制作のご相談はフーモアまでご連絡ください。

contact_button

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!

関連記事

icon_part3

【第3回】Adobe Fuse CC(プレビュー版)を活用しよう!【Photoshop編】

こんにちは、CG開発室の三木です。 今回の記事でAdoebe Fuse CC(プレビュー版)の

記事を読む

img01_160411

Road to Stingray:セミナーレポート

こんにちは。CG開発室の鈴木です。 近年、UnityやUnrialEngineでのプリレンダリ

記事を読む

10

グリー主催:中級者向け!2Dアニメーションツール勉強会レポート

 CG開発室の遠藤です。1月29日に、グリー様主催、WebTechnology様、Live

記事を読む

2_1980s

2015秋最新流行メイクを参考にしながら顔テクスチャにメイクをするぞい 第二回

過去の流行メイクを踏まえてテクスチャで遊ぶぞい編 前回は2015秋の最新流行メイクについて触れまし

記事を読む

160311Fsicon

【第1回】Adobe Fuse CC(プレビュー版)を活用しよう!【モデリング編】

こんにちは、CG開発室の三木です。 今回は3Dの知識がなくても人型の3Dキャラクターを簡単に制

記事を読む

1

写真が3Dに!smoothie-3Dで簡単にモデリングをしてみる

こんにちは、CG開発室のUSMRです。 今回は、横向きの写真一枚で3Dモデルが作れる無料ソフト「

記事を読む

160516_03

[Spine研究]Spineでクォータービューアクションはできるのか?

CG開発室の遠藤です。 久しぶりのSpine研究記事になります。 横スクロールなどに比べ

記事を読む

icatch3

「趣味はデジタル小物作り」と書く時代もそう遠くない?! Tinkercadを使って簡単な小物をつくってみよう

こんにちは。CG開発室の3DデザイナーKJです。 最近、TVや雑誌等でも3Dプリントの話を耳に

記事を読む

icatch3

MayaとUnity スケール補正についてのお話

こんにちは。CG開発室の鈴木です。 Mayaからアニメーションを出力し、Unityに入れてみた

記事を読む

icon_part2

【第2回】Adobe Fuse CC(プレビュー版)を活用しよう!【Mixamo・Maya編】

こんにちは、CG開発室の三木です。 前回から引き続きAdobe Fuse CC(プレビュー版)

記事を読む


  • 「おもしろいMANGAを創る」をビジョンに今までになかった新しい価値観を創造する会社。イラストや漫画制作のディレクター集団。
    お問合せはこちらからお気軽にどうぞ
  • ブログ最新記事とクリエイティブに役立つ情報を日々配信しています。

PAGE TOP ↑