*

MagicaVoxelを使って3Dドットモデルを作成してみる 後編

公開日: : ,

こんにちは、CG開発室に所属しております3Dデザイナーの梶です。

前回、3Dドット絵を描けるソフト、MagicaVoxelをご紹介しました。モデリングの操作も分かりやすく、とても使いやすいソフトだと感じました。

続いて今回は、MagicaVoxelで作ったモデルのレンダリングをする工程をご紹介します。

MagicaVoxelでは、レンダラーウィンドウでレンダリングの設定ができます。

レンダリングとは?
3DCGでは光源の位置・映りこみ、質感・透明度等、様々な設定を行います。その設定を行ったデータから任意のアングルでpngやjpeg等の画像データを作成することを「レンダリング」といいます。

MagicaVoxelはレンダリング機能がついていて、レンダリングをかけたデータを静止画(PNG)で保存することができます。

1.レンダラーウィンドウ

それでは、レンダラーウィンドウ内の説明をしていきます。

0

①ライト設定

2-1

光源の位置や、影の調整ができます。MagicaVoxelでは光の強弱等の詳細設定はできず、一定の強さのライトになります。

②シェイプ設定

2-2

ポクセルの形(シェイプ)をただの正方形ではなく、違う形状に置き換えることが出来ます。

③出力画像サイズ設定

2-3

レンダリングした画像を出力した際の、画像サイズ・解像度の設定ができます。

④質感設定

2-4

モデルの質感を変更することができます。細かく設定できるので、いろいろと触ってみるととても楽しいです。

⑤カメラ設定

2-5

カメラのレンズのように見え方を変化させることができます

2.実際のモデルに効果をかけてみる

一通りレンダラーウィンドウのツールの説明をしたところで、さっそくモデルを使って実際の効果を紹介していきます。

見本となる一軒家のモデルを作成してみました。

defo

上のモデルに、シェイプやマテリアルを設定して、見た目に変化を与えていきます。

まずは、シェイプ設定のLegoを選択してみます。

LEGO

ボクセルひとつひとつがレゴブロックのようになりました。

次は、シェイプ設定のSphrを選択してみます。

Sphr

ポクセルひとつひとつが球になり、つぶつぶした家になりました。

今度はシェイプ設定のCyliを選択してみます。

Cyli

ボクセルひとつひとつが円柱になりました。地面の部分は、アイロンビーズのようにも見えますね。

 

続いて質感の変更をしていきます。

質感変更のMetalのメーターを最大にしてみます。

metal

面が反射して金属の質感になり、硬い印象になりました。

次に、質感変更のGlassメーターを最大にしてみます。

glass

透明感があがり、ガラスの質感になりました。

最後に、質感変更のEmissionメーターを窓部分だけ最大にしてみます。

night

夜に部屋の電気をつけている家という演出ができました。

 

以上、一通り触ってみました。

この他にもまだまだ、面白い形や質感のものがあります。

また、組み合わせて使用することもできるので、「レゴの形でガラスの質感のモデル」という表現なども可能になります。

まとめ

いかがでしたでしょうか。

MagicVoxelはこのように簡単に、無料で3Dドットモデル「ボクセルモデル」を作成することができます。

かわいらしい「ボクセルモデル」を使いUnityなどのゲームエンジンに取り込み、趣味でゲームを制作する方も多いです。3Dやモデリングの知識がなくても、このようなLEGOブロックのように感覚的にできるツールがなんと無料なのです!

3Dは敷居が高いように感じられますが、手始めにこのようなかわいらしいドットの立体化モデル「ボクセルモデル」に挑戦してみてはいかがでしょうか?

▼3DCG・アニメーション制作のご相談はフーモアまでご連絡ください。

contact_button

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!

関連記事

1_DMMmake

3Dフィギュアを作ってみる 序

ご無沙汰しております。CG開発室の遠藤です。 フーモアは11月より5期目を迎えました。このタイミン

記事を読む

icatch3

MayaとUnity スケール補正についてのお話

こんにちは。CG開発室の鈴木です。 Mayaからアニメーションを出力し、Unityに入れてみた

記事を読む

whomorPicturesBlog_140709G

Z-brushの体験版的位置づけであるSculptrisを触ってみた!

フーモア技術部の遠藤です。 先日のプロダクションEXPOにCG、映像ゾーンにて出展させていただ

記事を読む

icon_part2

【第2回】Adobe Fuse CC(プレビュー版)を活用しよう!【Mixamo・Maya編】

こんにちは、CG開発室の三木です。 前回から引き続きAdobe Fuse CC(プレビュー版)

記事を読む

99

MagicaVoxelを使って3Dドットモデルを作成してみる 前編

あけましておめでとうございます。2016年、申年がスタート致しました。今年もメンバー一同、より邁進し

記事を読む

icatch3

「趣味はデジタル小物作り」と書く時代もそう遠くない?! Tinkercadを使って簡単な小物をつくってみよう

こんにちは。CG開発室の3DデザイナーKJです。 最近、TVや雑誌等でも3Dプリントの話を耳に

記事を読む

160516_03

[Spine研究]Spineでクォータービューアクションはできるのか?

CG開発室の遠藤です。 久しぶりのSpine研究記事になります。 横スクロールなどに比べ

記事を読む

1

写真が3Dに!smoothie-3Dで簡単にモデリングをしてみる

こんにちは、CG開発室のUSMRです。 今回は、横向きの写真一枚で3Dモデルが作れる無料ソフト「

記事を読む

10

グリー主催:中級者向け!2Dアニメーションツール勉強会レポート

 CG開発室の遠藤です。1月29日に、グリー様主催、WebTechnology様、Live

記事を読む

title

WhomorGames「あの星で君が待ってる」

https://yoyaku-top10.jp/u/a/OTk3NA &nbs

記事を読む


  • 「おもしろいMANGAを創る」をビジョンに今までになかった新しい価値観を創造する会社。イラストや漫画制作のディレクター集団。
    お問合せはこちらからお気軽にどうぞ
  • ブログ最新記事とクリエイティブに役立つ情報を日々配信しています。

PAGE TOP ↑