*

グリー主催:中級者向け!2Dアニメーションツール勉強会レポート

公開日: :

 

CG開発室の遠藤です。

1月29日に、グリー様主催、WebTechnology様、Live2D様、そしてフーモアの4社共催にて

中級者向け!2Dアニメーションツール勉強会と題して、それぞれ

 

SpriteStudio

Live2D

Spine 

 

の3ツールを軸に、発表をさせていただきました。

00_2danimation_study

 

ネイティブアプリの開発現場でマストになっているアニメーション系DCCツールということもあり、

当日は400人近い参加者が集まりまだまだエネルギーのあるジャンルだと改めて認識しました。

 

裏話も含めて、登壇した遠藤よりレポートしたいと思います。

登壇していたことと、写真撮影は禁止としておりましたので、文面とリンクによる内容になりますがご容赦ください。

 

激アツのLive2D

http://www.live2d.com/

 

笹原さんによる「Destiny’s Chiledの制作事例」と「FaceRigとの連携」について紹介いただきました。

既に伝説級のイラストレーターとなっているキム・ヒョンテ氏率いるSHIFTUPが開発している

DestinyChildというタイトルの制作事例を紹介していただきました。

ご本人のツイッターやホームページでもサンプルを公開しておりますので是非足を運んでください。

 

キム・ヒョンテさんのツイッター https://twitter.com/jamm2nd

キム・ヒョンテさんのホームページ http://unisonous.com/

DestinyChildのティザーサイト http://www.destiny-child.com/

 

圧巻の一言で、もうなにも言うことありません。リリースが待ち遠しいです。

 

もうひとつが、「FaceRig」との連携について

Holotech Studiosが開発しており、Steamにて提供されています。

https://facerig.com/

ウェブカメラから人物の表情を認識して、画面上のアバターへリアルタイムに反映することができます。

顔にマーカーなどをつける必要もなく、一昔前では考えられないものですね。

実演もしていただきましたが、反応応答も上々で、様々なツールに応用できることも証明されています。

これが普及したあとのビデオ会議が非常に楽しみです(あと、エロ)

フーモアも春から導入予定です。一緒に研究してくれる方募集中です。

 

SpriteStudioX池田ピロウ

スプライトスタジオ http://www.webtech.co.jp/spritestudio/

池田氏のホームページ http://transparent-wind.com/

 

スプライトスタジオマスターとして高名な池田さんの講演は、

アニメとはなんたるか、カメラとは、と言った内容で、

元々アニメ、映像系出身の遠藤はとてもシンパシーを感じましたし、

同じ方向性の内容で安心しました。

今度、いろいろ意見交換したいですね!

 

制作事例については、ゲームに使われるアプローチではなかったかなと思いますが、

SpriteStudioの表現力を存分に発揮してのデモリールは素晴らしいですね。

遠藤も勉強したいところです。

 

MayaXSpineXAftereffects

http://ja.esotericsoftware.com/

フーモアでは3つのDCCツールを用いて、ちょっとテクい事をしつつ、

ゲームにおけるビジュアル、ルックを底上げしていこうと言う内容で

話しをさせていただきました。

 

キャラデザ→絵コンテ→アニメ

→イラスト          →実装

→3Dモデル→アニメ

 

こんなイメージで、トータルのアートディレクションによって最終的な

ルックのクオリティコントロールを提案しました。

ボリュームが多くなってしまうのでここでは割愛しますが、

アニメーションをこちらで公開だけしたいと思います。

 

(うまく見れないかもしれません、その場合は再アップします)

 

 

通常の制作スタイルですと、

デザイン、イラスト、モデル、アニメーション、エフェクトを別個の方が作業されると思いますが、

一貫して作業ができるとと、より強力な演出、ルックで作る事ができるのではないか、と言う提案になります。

 

以上、講演の内容を簡単にレポートしてみました。

スプライト系ツールは流行が1年程前だったので、

あまり需要がないかも知れない、人が集まらないかもしれないと

ヒヤヒヤしながら準備をしていたのですが、イベントの公開から3日程で定員が埋まり、

キャンセル待ちが発生する程でした。

グリー様のパワーか、それともスプライト系DCCは熱いのか、、、

もしかしたら2回目もあるかも知れませんので、あまり期待せずにお待ちいただけると、幸いでございます。

 

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!

関連記事

title

WhomorGames「あの星で君が待ってる」

https://yoyaku-top10.jp/u/a/OTk3NA &nbs

記事を読む

whomorPicturesBlog_140517B

これからはspine!?操作性のあるソーシャルゲーム向けキャラ制作のニーズに答えて使ってみた。その1「イラスト制作~スケルトン組み立て」

読了時間3分 初めまして、フーモアピクチャーズ技術部の遠藤です。ビジネス的側面から切り込んで行

記事を読む

icatch2

「Spine 3.0.0」の新たな機能を紹介!

こんにちは、CG開発室アニメーターの吉村です。 今回は、2016年1月10日にリリースされた「

記事を読む

12

Live2D風モーション、Spineの限界に挑め part2 ~spineに追加された機能~

フーモアDCCツール研究開発局局長の遠藤です。 私が執筆しましたSpineの書籍が工学社さんより発

記事を読む

defo

MagicaVoxelを使って3Dドットモデルを作成してみる 後編

こんにちは、CG開発室に所属しております3Dデザイナーの梶です。前回、3Dドット絵を描けるソフト、M

記事を読む

icatch3

「趣味はデジタル小物作り」と書く時代もそう遠くない?! Tinkercadを使って簡単な小物をつくってみよう

こんにちは。CG開発室の3DデザイナーKJです。 最近、TVや雑誌等でも3Dプリントの話を耳に

記事を読む

1

Live2D体験版をさわってみた その2

ども...牛丸です...   前回はViewerのレビューまで。 今回はAn

記事を読む

whomorPicturesBlog_140523C

spineでキャラに命を吹き込め!アニメーションで個性を出す!その2「2Dにアニメーションを付ける」

フーモアピクチャーズ技術部の遠藤です。引き続きEsotericSoftwareのSpineについて解

記事を読む

01

「Autodesk 123D Catch」で写真から3Dモデルを作ってみる

Autodesk123D Catchとは Autodesk123Dファミリーのアプリの

記事を読む

3_Synfig Studio1.0

今、注目のスプライトアニメーションツールSpineとSynfig Studioを比較してみた。

はじめまして、フーモアでスプライト系ツールを担当している吉村と申します。 趣味でMMDを触っていた

記事を読む


  • 「おもしろいMANGAを創る」をビジョンに今までになかった新しい価値観を創造する会社。イラストや漫画制作のディレクター集団。
    お問合せはこちらからお気軽にどうぞ
  • ブログ最新記事とクリエイティブに役立つ情報を日々配信しています。

PAGE TOP ↑