*

3Dフィギュアを作ってみる 序

公開日: : , ,

ご無沙汰しております。CG開発室の遠藤です。
フーモアは11月より5期目を迎えました。このタイミングでブログなどももう一度しっかりやっていく、という方針になりまして、今後は月曜日に毎週更新をしていきます。(きっぱり)
3DCGや、DCCツール、業界のホットな話題について、面白おかしく紹介できればと思います。

今回は、話題の3Dプリンターと、フィギュアについて紹介してみたいと思います。
とはいえ、フーモアで3Dプリンターを導入した、という話ではなく、
DMM.makeさんのサービスを利用し、フィギュアを作るまでを紹介したいと思います。

今回のアジェンダです

    ・3Dプリンター向けモデルデータをMayaで作ってみる
    ・推奨ツールでモデルをチェック
    ・DMM.makeでプリントしてみる

です。それでは、張り切ってどうぞ。

DMM.makeって?

1_DMMmake
http://make.dmm.com/
 
様々なサービスを提供している、DMMさんのプラットフォームです。
3Dプリントだけでなく、TシャツやiPhoneケースなど、様々なものを作ることができます。
自分で作ったデータだけでなく、他のユーザーが用意したデータなどを購入し、オリジナルグッズを作ることもできます。

今回は3Dプリントでフィギュアを作ってみます。

2_DMMmake2
データの作り方などのチュートリアル、素材などを確認できます。とても優しい。

さっそくデータを作ってみる

こんかい3Dデータを作るソフトはMayaです。
Photoshopを使った3Dデータの作成や、メタセコイア、ライノセラスなど様々なソフトを紹介していますが、ゲーム屋として、今回はMaya,Mudboxを使っていきたいと思います。

何を作ろう

今回は、フーモアの協賛キャラクターの三文堂のひよこを作ってみたいと思います。

3_sanmondonohiyoko

https://whomor.com/hiyoko/

おっと、ゆるキャラグランプリにエントリーしているようだ。
みなさんも是非投票してください。ランキングをブラインド前に100位以内に入っていたので、もしかしたら本戦までのこれるかも!ご協力お願いします!

投票ページはこちら
http://www.yurugp.jp/vote/detail.php?id=00002883

資料を用意

4_sanmondonohiyoko2

作ってみる

Mayaを開き、環境設定から。
3Dプリントサービスはサイズ制限と、サイズに比例して値段が上がってしまうので、
手のひらサイズで設計します。

5_maya_sanmondo

プリファレンスから設定を開き、
ワールド座標系をZに。
作業単位がセンチメートルになっていることを確認しましょう。

モデリングしてみる

測定ツールを使って、、

6_maya_sanmondo2

高さ6cmのロケータを用意

7_maya_sanmondo3

この大きさに合わせて作っていきます。

モデリングの注意

モデリングデータに厳しいルールがあるのでしっかり守りましょう。

    ひとつの閉じられたオブジェクトであること
    実寸でつくること

大きくこの二つ。
さらに細かく気を付けた点は、

    モデリング時に三角ポリゴンを使わない
    三角ポリゴンが発生する作り方をしない
    モデルが完成した最後に、三角化する。

です。

丸いものを作るときも、ボックスをスムースして球体を作りました。

8_maya_sanmondo4
造形的な注意点は、
細くなりすぎると、強度的に問題がでるので、2mmより薄くしないことです。
足など細くなりがちですが、やや太めに作ってあげましょう。

完成したデータがこちら

9_maya_sanmondo5
足が細くバランスが悪くなる事を懸念して、台座もつけました。
高さ約6cm 幅2.8cmです。

テクスチャも用意

今回は、フルカラーの石膏でプリントする予定なので、テクスチャも用意します。

Photoshopでこのようなカラーテクスチャを作り

10_maya_sanmondo6

アサインする

11_maya_sanmondo7

UV展開も、簡単で大丈夫ですね。

データをエクスポートする

3Dプリントの対応形式は
3Dデータ:STL、OBJ、3DS、STEP、IGES、PLY、VRML・WRML、3DP形式

石膏カラーの場合
3Dデータ:OBJ、PLY、VRML・WRML(.wrl)形式
カラー/テクスチャ:(.png / .jpg / .bmp / .mtl / .tif)

になります。
今回はモデルチェック用のデータをstl形式、出力用のデータをobj形式、テクスチャをpng形式で用意しました。

データをチェックする

公式で推奨されている、MiniMagicと言うソフトを使います。
http://www.materialise.co.jp/MiniMagics3.0J

STLビューワー兼チェッカーです。
モデルの修正などはできないようです。

こちらにSTL形式のデータを読み込んでみると、、

12_MiniMagic_sanmondo

お~う、、エラーがでてます。
原因は、台座の部分に多面体ポリゴンがあったことのようです。
台座を作り直してみると、、

13_MiniMagic_sanmond2
エラーなしです。
これでモデルデータはこれでオッケーですね。

Dmm.makeにデータをアップロード

アカウントを作り、データをアップロードします。

14_DMMmake3

3Dデータをアップロードボタンを押して、アップロードします。

15_DMMmake4
おお!いっぱつOKですぐ繁栄されました。
サイズも問題なさそうです。価格も2277円と非常にリーズナブル。
さすが天下のDMMです。いつもお世話になってます。

と、ここで間違えてSTLデータをアップしてしまいました。
石膏フルカラーの場合は、Obj形式と、Png形式をZipにまとめてアップしなければなりません。

16_DMMmake5

チェック中。。。

この後、12時間ほど経過しましたがチェックがおわりませんでした。
もしかしたらZipデータは手動で確認する必要があるのかも知れませんね。

と、言うことで、チェックと決済が原稿の締め切りまでに完了できなかったので、
今回はここまでになります。実物が出来上がったらまた、こちらのブログで紹介してみたいと思います。

とてもわかりやすく簡単にデータのアップロードまでできました。
クラウドソーシングを利用して、データを作ってもらう事なども可能なので、是非一度トライしてみてはいかがでしょうか。

もちろん、フーモアでデザインからモデルデータ作成まで対応できます。
オリジナルアクセサリーを作ってみたい方いかがでしょうか?
(Chromeheartsを伊勢丹で買うくらいのこすとに見積りなってしまいますが、、)

番外編

ひよこの素材毎の値段を比較してみた

17_DMMmake6

石膏はやはり安価ですねぇ。
アクリルで一気に倍以上の値段になります。

18_DMMmake7

安い。ふにゃふにゃになりそうです。

19_DMMmake8

純銀製ひよこ35581円なり。

20_DMMmake9

ご贈答用やプロポーズに純金製ヒヨコはいかがでしょうか。

3Dフィギュアを作ってみる 破に続く

Comments

comments

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

イラストレーター大募集中!!

漫画家大募集中!!

イラスト制作依頼ならフーモア!

プロの漫画制作ならフーモア!

関連記事

img01_160411

Road to Stingray:セミナーレポート

こんにちは。CG開発室の鈴木です。 近年、UnityやUnrialEngineでのプリレンダリ

記事を読む

icon_part2

【第2回】Adobe Fuse CC(プレビュー版)を活用しよう!【Mixamo・Maya編】

こんにちは、CG開発室の三木です。 前回から引き続きAdobe Fuse CC(プレビュー版)

記事を読む

face_01

2015秋最新流行メイクを参考にしながら顔テクスチャにメイクをするぞい 第三回

まつげエクステから学ぶまつげデザインによる印象の違い編前回に引き続き、今回もメイクについて掘り下げた

記事を読む

160516_03

[Spine研究]Spineでクォータービューアクションはできるのか?

CG開発室の遠藤です。 久しぶりのSpine研究記事になります。 横スクロールなどに比べ

記事を読む

99

MagicaVoxelを使って3Dドットモデルを作成してみる 前編

あけましておめでとうございます。2016年、申年がスタート致しました。今年もメンバー一同、より邁進し

記事を読む

01

「Autodesk 123D Catch」で写真から3Dモデルを作ってみる

Autodesk123D Catchとは Autodesk123Dファミリーのアプリの

記事を読む

1

写真が3Dに!smoothie-3Dで簡単にモデリングをしてみる

こんにちは、CG開発室のUSMRです。 今回は、横向きの写真一枚で3Dモデルが作れる無料ソフト「

記事を読む

10

グリー主催:中級者向け!2Dアニメーションツール勉強会レポート

 CG開発室の遠藤です。1月29日に、グリー様主催、WebTechnology様、Live

記事を読む

icatch3

「趣味はデジタル小物作り」と書く時代もそう遠くない?! Tinkercadを使って簡単な小物をつくってみよう

こんにちは。CG開発室の3DデザイナーKJです。 最近、TVや雑誌等でも3Dプリントの話を耳に

記事を読む

2_1980s

2015秋最新流行メイクを参考にしながら顔テクスチャにメイクをするぞい 第二回

過去の流行メイクを踏まえてテクスチャで遊ぶぞい編 前回は2015秋の最新流行メイクについて触れまし

記事を読む


  • 「おもしろいMANGAを創る」をビジョンに今までになかった新しい価値観を創造する会社。イラストや漫画制作のディレクター集団。
    お問合せはこちらからお気軽にどうぞ
  • ブログ最新記事とクリエイティブに役立つ情報を日々配信しています。

PAGE TOP ↑